学校や塾の先生

Environment(環境)

学校や塾の先生

レベルが1〜10まであるとして、レベル1のお子さんをレベル5まで
大きく伸ばした先生がいるとします。

クラスでも、いっつも最下位だったのに、平均点を取れるところまで伸ばしてもらえた、
というような状況です。

 

ここで、風船重り理論を思い出してください。

これまで、レベル1からレベル5まで、中学高校の部活で言えば、
地区大会優勝までなら導けるけれど、県大会以上はキャパオーバー、
という先生だとしたら、どうでしょうか?

県大会以上に行こうとしたら、別の先生に引っぱり上げてもらう必要がありますよね。

つまり、地区大会優勝までは、素晴らしい風船の役をしてくれた先生でしたが、
それより上に行こうとした場合には、逆に重りの役になってしまうのです。

 

ここで取るべき行動は次の3つのいずれかです。

  1. 同じ先生に教わり、それ以上伸びなくても気にしない
  2. その先生の力量を伸ばし、お子さんも伸ばしてもらう
  3. もっと高みへ連れて行ってもらえる別の先生にお願いする

先生にはとてもお世話になったし、感謝もしていて、
ここで別の先生にお願いするのは裏切りをしているような気がする、
という心優しい方もいらっしゃると思います。

こういう場合は、しっかりと感謝の気持ちを伝え、
また、一生涯にわたってその先生のことを感謝し続けると決意すると良いと思います。

そうすれば、罪悪感もかなり和らぐことと思います。

 

ピックアップ記事

  1. 効率的な勉強法
  2. 風船重り理論
  3. 教育に対する想い
  4. 健康状態(病気や障がい等)
  5. 指導プログラム

関連記事

  1. お母さんの雰囲気

    Environment(環境)

    お母さんの雰囲気

    すべての子どもたちは、お母さんから生まれます。なので、無条件で…

  2. Environment(環境)

    親子関係

    大切なことは2つだけです。 お子さんに愛をたっぷり注ぎ込む…

  3. 部屋がキレイ

    Environment(環境)

    部屋や机がキレイ

    人は個人個人、1日で使えるエネルギーの容量が決まっています。な…

  4. Environment(環境)

    健康状態(病気や障がい等)

    “病は気から”という言葉があるように、気持ちのせいで病気になること…

ご相談・お問い合わせ

最近の記事

  1. 指導プログラム
  2. 指導体験記2
  3. 指導体験記1
  4. おすすめ書籍
  1. 部屋がキレイ

    Environment(環境)

    部屋や机がキレイ
  2. 発想の転換

    Method(やり方)

    補足説明(発想の転換)
  3. 指導体験記1

    指導体験記

    指導体験記1
  4. 教育に対する想い

    教育に対する想い

    教育に対する想い
  5. 勉強の本質とは?

    Method(やり方)

    勉強の本質
PAGE TOP