試験との向き合い方

Mindset(心構え)

試験との向き合い方

試験では、必ず出題者(問題作成者)がいます。

その出題者の期待する答えを書くと○(マル)がもらえます。
逆に、期待する答えが書けないと、×(バツ)になったり減点されたりします。

とてもシンプルです。

 

ここで重要なことは、解答者がいかに正しいと思うことを書いても、
出題者の期待する答えでなければ、○(マル)はもらえない、ということです。

なので、よく世間で騒がれることですが、
授業で教えていない方法で解いたり、3×4とすべき所を4×3と書いたりして、
○(マル)がもらえないことがあるのはそういうことです。

もっとハッキリと言うと、
「あなたの解答は、出題者を幸せにしましたか?喜ばせましたか?」
ということです。

出題者を幸せにすれば、その幸せがあなたにも返ってきます(良い点をもらえます)。

なので、あなたの正しさ、あなたの正義を出題者に押し付けるのはやめましょう。
(特に、国語では本当によく注意しましょう。)

大切なことは、出題者の気持ちを察する“優しさ”を育てることです。
そうすれば、「あぁ、こう答えて欲しいんだな」と手に取るように分かるようになりますから。

 

いいですか。

試験中は、問題用紙とにらめっこしたり、問題と戦ったりするのではありませんよ。
試験中は、問題用紙の裏にいる出題者と対話し、その出題者の気持ちを察しましょう。
そうすれば、答えは自ずと見えてきますから。

極論を言えば、問題が出題ミスだった場合でも、
「あ〜、こういう問題にしたかったのだな」と自分で修正して、
期待通りの答えを書くことも可能になります。

余談ですが、クイズの早押し大会で、問題が全部読まれる遥か前に正解できている人は、
出題者心理を的確に汲んで、期待されているであろう答えに猛烈な速度で到達しているのです。

 

ピックアップ記事

  1. 心構えの核心
  2. 健康状態(病気や障がい等)
  3. オススメ書籍
  4. Action(実行)
  5. 指導プログラム

関連記事

  1. 心構えの核心

    Mindset(心構え)

    心構えの核心

    合い言葉は、「自分の幸せは、周りの人を幸せにした分が巡り巡って返っ…

ご相談・お問い合わせ

最近の記事

  1. 指導プログラム
  2. 指導体験記2
  3. 指導体験記1
  4. おすすめ書籍
  1. 発想の転換

    Method(やり方)

    補足説明(発想の転換)
  2. 実行

    Action(実行)

    Action(実行)
  3. 効率的な勉強法

    Method(やり方)

    効率的な勉強法
  4. 問題集の取り組み方

    Method(やり方)

    問題集の取り組み方
  5. おすすめ書籍

    オススメ書籍

    オススメ書籍
PAGE TOP