指導体験記2

指導体験記

指導体験記2

  • 小5・1月 指導開始
  • 小6・2月 中学受験で2校から合格をもらう(奇跡的!)

 

<指導に至った経緯>

小4から中学受験学習塾に入るが、勉強があまり好きではなく、
極度のストレスから体調を崩すようになり、塾通いを中断する。

病院通いも1年以上続け、回復したところで塾への復帰を試みるも、
塾がどうしても体に合わず、復帰直後の授業中に戻してしまう。

これ以上、塾に通うのは不可能という判断から、塾を辞めることに。

しかし、
「このままでは一生勉強嫌いのままになってしまう。勉強を好きになりたい。」
「地元の中学校は荒れていて、絶対に行きたくない。」
との2つの強い想いで、藁にもすがる気持ちで、私の元へ指導依頼が来る。

 

<実際におこなった指導>

小5の1月から指導を開始しました。

指導開始時は、勉強うんぬんの前に、
精神のケアをしないと何も出来ない状態でした。

なので、最初の指導では、
しっかりとカウンセリングを行うことから始めました。

勉強に耐える、体の痛みに耐える、という風に、
「耐える、耐える、耐える」で過ごして来てしまったので、

精神的にも肉体的にも、かなり硬直していました。
肩が凝るように、精神も凝るのです。

 

精神の凝りを解すためには、
その子が考えている事・感じている事を
すべて吐き出させることが大切です。

具体的には、
不安に思っている事、こうなりたいと考えている事、困っている事
などです。

まずは全部吐き出してもらって、凝りを解す。
そこまでやって初めて、こちらの言葉が届くようになります。

 

学力的には、偏差値25もなかったと思います。
完全に測定不能の域でした。

『勉強を好きになりたい』というのが最初の望みでしたので、
まずは、中学受験用のマンガ本から取り組んでもらうようにしました。

 

すると、3月(指導開始してから2ヶ月後)には、

「勉強に対する不安な気持ちがなくなって来た。」
「どちらかと言えば好き。」

というような、教え子本人もビックリする変化が訪れることに。

 

すぐに当初の目標である「勉強を好きになる」を達成できたので、
次の目標を「中学受験で合格する」に再設定することにしました。

 

4〜6月の指導では、
その時その時の、不安に思っている事、こうなりたいと思っている事、
困っている事をすべて聞いて、すべてその場で解決しました。

こうしてカウンセリングを並行して行いながら、
その時その時の学力に合わせた、最適な指導を続けました。

 

7月に入る時期から「受験」を意識するようになり、
ストレスで体調がおかしくなり始めました。

早稲アカに通っている友達から
「夏休み中は、1日12時間は勉強する」
という話を聞いてから、
受験への不安が物凄く大きくなったことが原因です。

その後、なんと、体調が12月末までず〜と悪かったです。。。
元気に朝起きられる日が月に1度もないという月が続きました。

この半年間は、教え子も、お母様も、私も、
本当に地獄のような日々でした。

 

指導では、座ってスカイプ指導を受けることができず、
横になりながらLINE電話で話す回が何度も続きました。

指導時間のうち、カウンセリングがほとんどを占め、
少しだけ受験に関する指導をする。

そんな指導が半年も続きました。

 

1月に入り、ある出来事があって、
急激に教え子の体調が回復しました。

やっと勉強に取り組めるようになったので、
この1月だけで20回ほどの超集中指導を行いました。

 

1回の指導のなかで、
「知識を伝えながら、教え子の知識を受け取れる器を広げる」
という2つの作業を同時進行で行い、

通常の何倍ものエネルギーを使ったので、
次の日に(私が)朝起き上がれないことがしばしば続きました。

エネルギーを使いすぎて、カラカラに干からびていました。

 

成績面で言うと、
7月〜12月までほとんど勉強できなかったので、
12月23日の模試で4科目の偏差値32(それまでもほぼ同じ)でした。

こんなかなり絶望的なところから、
直前の1ヶ月だけで、ほぼ3年間分すべての単元をこなし、身に付けてもらい、
奇跡的に、2つの中学から合格をもらうことができました。

直前の1ヶ月だけで、
4科目の偏差値で10以上は確実に、おそらく15ほど伸びたと思われます。

 

7月〜12月は、ず〜と体調が悪く、
元気に朝起きられる日が月に1度もないという月が続いたので、

受験をすること自体、無理かもしれないと、
ご両親も、教え子本人も、覚悟していました。

そんな状態から、1ヶ月で偏差値15ほど伸ばし、
中学から2つも合格をもらえるなんて、奇跡と言わず、何と言うのでしょう!

 

この受験を通して、教え子本人も、ご両親も、私も、
本当に、本当に、鍛えられました。

そして、現在(2018年3月)も指導を続けていますが、
共に大きな事を成し遂げた“戦友”のような、本当に良き間柄となっています。

 

ピックアップ記事

  1. 指導プログラム
  2. 効率的な勉強法
  3. オススメ書籍
  4. 風船重り理論
  5. Action(実行)

関連記事

  1. 指導体験記1

    指導体験記

    指導体験記1

    私の事を「メンター」と同級生に紹介している教え子(高2、2018年3月…

ご相談・お問い合わせ

最近の記事

  1. 指導プログラム
  2. 指導体験記2
  3. 指導体験記1
  4. おすすめ書籍
  1. 心構えの核心

    Mindset(心構え)

    心構えの核心
  2. 問題集の取り組み方

    Method(やり方)

    問題集の取り組み方
  3. 教育に対する想い

    教育に対する想い

    教育に対する想い
  4. お母さんの雰囲気

    Environment(環境)

    お母さんの雰囲気
  5. Environment(環境)

    健康状態(病気や障がい等)
PAGE TOP