心構えの核心

Mindset(心構え)

心構えの核心

合い言葉は、
「自分の幸せは、周りの人を幸せにした分が巡り巡って返ってくる」
です。(“情けは人のためならず”という諺がありますよね。)

勉強は、周りの友達(仲間)を応援するために行うものです。

自分の学力より高い人が、目指すべき目標の“先生・師匠”です。
同級生でも、後輩でも、自分より学力が高ければ、目指すべき先生・師匠です。

また、自分の学力より低い人が、応援する対象の“仲間”です。
同級生でも、先輩でも、学校の先生でも、自分よりも学力が低ければ、応援すべき仲間です。

自分の学力が高くなるに連れて、どんどん応援する対象が増えて行きます。
=自分の幸せがどんどん大きくなる。

 

やがて、学年1位になったり、学校の先生を超えたりすると思いますが、
その時も決して奢らずに、周りの友達や先生に対して応援することがとても大切です。

もしかしたら、
「なんでこんなことも分からないんだろう」
「ちゃんと説明してあげているのに」
と思うことがあるかもしれません。

そんな時は、あなたが自分の事で一杯一杯になってしまっている証拠です。
あなたは、なぜ勉強を頑張ったのでしたか?
周りの人を幸せにするためでしたよね。

なぜ分からないのか、その理由を一緒になって考えてあげましょう。
誰でも理解できるように、分かりやすい説明をするように努力しましょう。

そうなれれば、周りの友達だけでなく、先生たちからも感謝されるようになります。
周りの幸せを感じ、あなたも幸せになります。

 

学校生活が終われば、社会人として活躍することになります。
社会人になった後も、周りの幸せが自分の幸せになるという考えを続けてください。

学校でたくさんの友達や先生から感謝された時と同じように、
会社でもたくさんの同僚や上司、そして、お客様から感謝されますから。

さて、あなたは何人の人を幸せにしますか?

自分1人ですか?
10人ですか? 100人ですか? 1000人ですか? 10000人ですか?
10万人ですか? 100万人ですか?

それとも、1億人ですか? 10億人ですか?
未来まで含めていいなら、1000億人ですか?

共に成長し続けましょう!!

 

ピックアップ記事

  1. 心構えの核心
  2. 教育に対する想い
  3. 効率的な勉強法
  4. 指導プログラム
  5. Action(実行)

関連記事

  1. 試験との向き合い方

    Mindset(心構え)

    試験との向き合い方

    試験では、必ず出題者(問題作成者)がいます。その出題者の期待す…

ご相談・お問い合わせ

最近の記事

  1. 指導プログラム
  2. 指導体験記2
  3. 指導体験記1
  4. おすすめ書籍
  1. 指導実績

    教育界の魔法使いの実績
  2. 発想の転換

    Method(やり方)

    補足説明(発想の転換)
  3. 試験との向き合い方

    Mindset(心構え)

    試験との向き合い方
  4. Environment(環境)

    健康状態(病気や障がい等)
  5. 勉強の本質とは?

    Method(やり方)

    勉強の本質
PAGE TOP