発想の転換

Method(やり方)

補足説明(発想の転換)

学校の先生から「答えを見てはいけませんよ」と言われた人も多いと思います。
なぜかと言うと、理解せずに答えを写すだけだと1段目すらクリアできないからです。

つまり、0段目のまま、ということですね。
そうなるとクラスの点数が下がってしまうので先生も困る…ということです。

 

そこで、発想を変えます。

答えを見るのは1段目を最速でクリアするためで、
その後、しっかりと練習して、その答えを再現できるようにして2段目をクリアする。
そして、問題を見た瞬間に再現できるようにして3段目をクリアする。

ここまでやれば、テストで満点とか満点付近が取れるので、先生は怒りませんから。

初めから自分で頑張って、最終的に1段目止まりとか2段目止まりの場合と、
時間を効率的に使って最終的に3段目まで行けた場合とを比べたら、
先生もあなたも、どちらを喜ぶでしょうか? 幸せでしょうか?

 

(補足の補足)

どうしても自力で解きたいという人へ。

同じレベルの問題集を2冊用意して、1冊を「公式確認用」や「解き方確認用」にして、
とっとと1段目をクリアして、その後練習を繰り返して2段目3段目にして、1冊目を終える。

その後に、もう1冊の問題集を使って、自力で解いていくのが良いと思います。

 

ピックアップ記事

  1. 風船重り理論
  2. オススメ書籍
  3. 指導プログラム
  4. Action(実行)
  5. 教育に対する想い

関連記事

  1. 勉強の本質とは?

    Method(やり方)

    勉強の本質

    勉強とは、偉大な先人が考えたり発見したりした叡智を学ぶことです。…

  2. 効率的な勉強法

    Method(やり方)

    効率的な勉強法

    3段目に行くことが重要、というより、勉強は3段目に行くことが“すべて”…

  3. 問題集の取り組み方

    Method(やり方)

    問題集の取り組み方

    よく問題集を解くときに、自力で解いて行って、間違えたら問題番号のと…

ご相談・お問い合わせ

最近の記事

  1. 指導プログラム
  2. 指導体験記2
  3. 指導体験記1
  4. おすすめ書籍
  1. 教育に対する想い

    教育に対する想い

    教育に対する想い
  2. 指導体験記2

    指導体験記

    指導体験記2
  3. 指導プログラム

    指導プログラム

    指導プログラム
  4. 指導実績

    教育界の魔法使いの実績
  5. 問題集の取り組み方

    Method(やり方)

    問題集の取り組み方
PAGE TOP