部屋がキレイ

Environment(環境)

部屋や机がキレイ

人は個人個人、1日で使えるエネルギーの容量が決まっています。

なので、できるだけエネルギーを無駄使いしない方が、
やるべきこと・必要なことにエネルギーを使うことができます。

部屋が散らかっていると、ただ部屋にいるだけでたくさんの物が目に入ってきます。
すると、何もしなくても、たくさんの目に入ってくる情報を処理するためにエネルギーが
使われてしまうのです。

机の上も同じです。
目の前の教科書を読んでいても、それ以外の目に入る情報も同時に処理しているのです。
ハッキリ言って、エネルギーの無駄ですよね。

部屋に物が多すぎる場合は断捨離するか、
リビングや近所の図書館のような場所で勉強するのも1つの手です。

エネルギーの無駄使いをしながら1日2時間勉強できていたなら、
エネルギーの無駄使いをなくせば、3時間とか、あるいは、それ以上勉強できます。

結果として、部屋や机をキレイにするだけで、成績が伸びます。
魔法のようですが、事実そうなります。

ぜひ、お試しあれ。

 

ピックアップ記事

  1. 風船重り理論
  2. 教育に対する想い
  3. 健康状態(病気や障がい等)
  4. 心構えの核心

関連記事

  1. Environment(環境)

    健康状態(病気や障がい等)

    “病は気から”という言葉があるように、気持ちのせいで病気になること…

  2. Environment(環境)

    親子関係

    大切なことは2つだけです。 お子さんに愛をたっぷり注ぎ込む…

  3. 学校や塾の先生

    Environment(環境)

    学校や塾の先生

    レベルが1〜10まであるとして、レベル1のお子さんをレベル5まで大…

  4. お母さんの雰囲気

    Environment(環境)

    お母さんの雰囲気

    すべての子どもたちは、お母さんから生まれます。なので、無条件で…

ご相談・お問い合わせ

最近の記事

  1. 問題集の取り組み方
  2. 勉強の本質とは?
  3. 試験との向き合い方
  4. 心構えの核心
  5. 学校や塾の先生
  1. 部屋がキレイ

    Environment(環境)

    部屋や机がキレイ
  2. 勉強の本質とは?

    Method(やり方)

    勉強の本質
  3. お母さんの雰囲気

    Environment(環境)

    お母さんの雰囲気
  4. 問題集の取り組み方

    Method(やり方)

    問題集の取り組み方
  5. 試験との向き合い方

    Mindset(心構え)

    試験との向き合い方
PAGE TOP