風船重り理論

風船重り理論

風船重り理論

教え子の現状を
「上に引っぱり上げてくれるもの」 vs 「下に引っぱるもの」
という図式で捉えます。

そうすると、次の瞬間(1週間後、1ヶ月後、1年後など)に、
「どの程度上に行くのか」「どの程度下に行くのか」「変化しないのか」
ということを、精度ほぼ100%で予測することができます。

そこで、ジャマな重りを取り除いて、その子本来のいいものを発揮しやすくし、
風船をどんどん付けて行くことで、本来持っているものをよりパワーアップさせる。

これが、風船重り理論の肝です。

 

勉強の場合でも、スポーツ・藝術の場合でも、
『EMAモデル』
で捉えます。

EMAモデルとは、

  • E … Environment(環境)
  • M … Mindset & Method(心構え & やり方)
  • A … Action(実行)

の頭文字です。

例えば、いくら素晴らしい Method(やり方)を学んだとしても、
Environment(環境)が大きくジャマをするなら、

勉強の場合でも、スポーツ・藝術の場合でも、
どの場合でも同じようにうまく行きません。

常に、E、M、A をすべて考慮しながら、
「上に引っぱり上げてくれるもの」 vs 「下に引っぱるもの」
という図式で捉えて、

その瞬間、その瞬間で、
「下に引っぱるもの」を「上に引っぱり上げてくれるもの」に変換していく。

これが、指導の肝です。

 

また、ここで注意する必要があるのは、
以前は「上に引っぱり上げてくれるもの」だったとしても、
今現在も 「上に引っぱり上げてくれるもの」かどうかは、
自動的に決まるものではない
ということです。

場合によっては、「下に引っぱるもの」に変わっています。

なので、ヤドカリが成長に合わせて住む家を変えるように、

  • E … Environment(環境)
  • M … Mindset & Method(心構え & やり方)
  • A … Action(実行)

それぞれも成長に合わせて変えていくことが大切となります。

 

こういう感じで、

常に、E、M、A をすべて考慮しながら、
「上に引っぱり上げてくれるもの」 vs 「下に引っぱるもの」
という図式で捉えて、

その瞬間、その瞬間で、
「下に引っぱるもの」を「上に引っぱり上げてくれるもの」に変換していく。

これをすれば、100%の確率で、いい方向に向かいます。

 

ピックアップ記事

  1. オススメ書籍
  2. 指導プログラム
  3. 効率的な勉強法
  4. 心構えの核心
  5. 教育に対する想い

ご相談・お問い合わせ

最近の記事

  1. 指導プログラム
  2. 指導体験記2
  3. 指導体験記1
  4. おすすめ書籍
  1. 指導実績

    教育界の魔法使いの実績
  2. 指導プログラム

    指導プログラム

    指導プログラム
  3. 指導体験記1

    指導体験記

    指導体験記1
  4. 効率的な勉強法

    Method(やり方)

    効率的な勉強法
  5. 発想の転換

    Method(やり方)

    補足説明(発想の転換)
PAGE TOP